TOP > 貿易実務英語あれこれ その⑫ 英文法の知識(1)

初学者のための!貿易実務英語あれこれ

貿易実務英語あれこれ その⑫ 英文法の知識(1)

  • 掲載日:2017/6/23
  • 執筆者:関根幸雄 (広島修道大学教授)

貿易で用いられる英語で、必要となる英文法の知識について取り上げてみましょう。
1.過去形と現在完了形
× We have shipped your order on March 15.

過去の時点が特定されている場合、過去形しか使えませんので、
We shipped your order on March 15.
となります。

ただし、todayの場合は、Today, we have shipped your order.と表現でき、ビジネスでは「本日船積を完了しました」という意味合いで使われています。

では、次の英文の空所はどうなるでしょうか。

問題 We found that three cases of your shipment ( ) damaged.
(貴社船積品のうち3ケースが損傷していることが判明しました。)

学校英語ですと、時制の一致のルールから、正解はwereとなりますが、実際の用例ではareも使われております。これは、現在の状況を表現したいので、areとなるようです。この英文を次のように改めることをおすすめします。

We have found that three cases of your shipment are damaged.

つまり、現在完了形を使うことにより、現在の状況を表現することができ、また時制に悩むこともなくなります。

英文をよく観察すると、貿易実務英語をはじめビジネスコミュニケーション全般では、現在完了形が多く見受けられます。

Please inform us as soon as you have made shipment.
(船積次第、お知らせください。)
学校英語では、副詞節のなかは現在形と習いますので、

Please inform us as soon as you make shipment.

となり、これでもよいのですが、船積が完了次第という意味合いから、現在完了形が使われます。この現在完了形ですが、「現時点で完了していない」ため、学校で習う英文法では説明がつかないかもしれません。


博士