TOP > 貿易実務英語あれこれ その⑩ 日本語の訳し方(3)

初学者のための!貿易実務英語あれこれ

貿易実務英語あれこれ その⑩ 日本語の訳し方(3)

  • 掲載日:2017/4/21
  • 執筆者:関根幸雄 (広島修道大学教授)

8.ship, shipment
We plan to ship your order by the Yokohama Maru on March 1.

この英文は、「当社は3月1日に横浜丸で貴社注文品を船積みする予定です。」と訳すことができますが、次の英文はどうでしょうか。

We plan to ship your order by ANA 123 on March 1.

これは「当社は3月1日にANA123便で貴社注文品を出荷(発送)する予定です。」となり、航空貨物なのでshipを「船積みする」と訳すことはできません。
shipとは「船積する」という意味のほかに航空機・トラック・鉄道など船以外で送る場合にも使われますので、訳し分ける必要があります。

shipmentの場合、「船積み」のほかに、船の場合、船積品、船荷、積荷となりますし、航空機の場合、「出荷(発送)」に加えて、出荷品、発送品、積荷と訳すことができます。
船積みや出荷(発送)のことなのか、その商品のことなのか、コンテクスト(文脈)に応じて訳さなければなりません。

9.available
availableには「利用できる、役に立つ、入手できる、間に合う、都合がつく」と様々な意味があります。では、次の英文はどう訳したらよいでしょうか。

The item is not available until the end of next month.

貿易では「その商品は来月末まで入手できません。」と訳すことになります。
なぜかといいますと、この英文では、主語が商品であり、その商品が取引されるからです。一方、主語が人の場合は、「都合がつく」となりますので、主語によって、意味を判断する必要があります。

博士

10.various
We deal in various dairy products.

この英文は、「当社はいろいろな乳製品を取り扱っています。」でもよいのですが、「当社は各種乳製品を取り扱っています。」と訳すことをおすすめします。
このvariousですが、発音も大切なので、学生にはvary(動詞)の形容詞と説明するようにしております。また、dairyの発音にも気を付けてください。

この英文を書き換えますと、
We are a dealer in various dairy products.
となり、deal, dealer とinとのコロケーション(連語)の強さを感じます。