TOP > 試験の8つの特長

試験の8つの特長

1.受験者が多く、メジャーな「貿易実務検定®」

「貿易実務検定®」は、唯一の実績と経験を持つ「貿易実務検定®」試験です。
平成10年3月に第1回試験が実施され、平成28年3月の時点で約15万人の方から受験申込を頂いており、唯一メジャーな「貿易実務検定®」試験として受験生の方々に認識していただいております。

幅広い受験者層

「貿易実務検定®」は、学生の方から貿易・産業界の第一線で活躍されている方まで、幅広い受験者層が特長です。貿易・産業界においては単なる推薦ではなく、「貿易実務検定®」試験のプログラムそのものを採用するところもあります。
具体的には、商社・貿易関連組合・人材派遣会社などにおいて、検定プログラムに準拠した研修等が行われています。

3.大学も注目。検定に準拠した教育なども

財務省の資格である「通関士」試験の学習は、貿易関連法規を中心に学習し、特に、通関について深く掘り下げます。一方、「貿易実務検定®」試験は、マーケティング、商談、契約、代金決済、信用状、クレームなど、貿易実務について幅広く学習します。

4.スキルレベル段階毎の資格

「貿易実務検定®」は、経験レベルの異なる受験生のスキルに応じ、A級・B級・C級と異なったレベルの試験を提供しています。

5.世間に通じる汎用性

就職・転職・昇進に結びつく「貿易実務検定®」試験です。
検定実績のある「貿易実務検定®」試験合格であれば、履歴書にも立派に記載することもできます。

6.認められた資格

「貿易実務検定®」は全ての情報を公開している検定試験です。
「貿易実務検定®」では、第1回試験が実施された平成10年3 月より、 検定試験のレベル・範囲・出題形式・配点・合格基準・問題・解答及び解説を全て一貫して公開しています。
もちろん、受験申込者数・実際の受験者数・合格者数・合格率についても全て公開されています。
したがって、当検定試験に合格することが、どのような知識と業務遂行能力の証明になるのかが常に明確です。このことは、受験される際の目標設定が容易であると同時に、検定合格後、就職等に際して履歴書に記載する場合でも、自分にどれだけの業務遂行能力が備わっているのかを明確にアピールする事が出来るようになります。
内容・レベルが公開されているからこそ、その内容、レベルを克服して合格したことが、業務遂行能力の客観的な証明になるのです。情報公開は、 企業の方々、実業家の方々、そして受験生の方々に幅広く信頼して頂ける、当検定試験の大きな特長です。

7.確実なスキルアップの保証

「貿易実務検定®」の学習を通して、実際に役立つ貿易実務を体系的に身に付ける事ができます。
「貿易実務検定®」は、貿易実務を体系的に学習しやすいように、それぞれのレベルに応じたステップを設け、ステップごとに何が重要な事柄かを理解できるように構成されています。
1つ1つのステップを上がっていくことにより、貿易実務を理解し遂行する能力を自動的に養成します。
実務の世界は学問の世界とは異なり、権威ではなく実務遂行能力が全てです。当検定試験は、実際の業務で発生する実務を細かく全て抽出し、それをA級・B級・C級のレベルに体系的に分類しました。
したがって、C級レベルから1つずつステップを上がっていくことにより実際の業務で役立つ実務が確実に身に付いていく仕組みになっています。

8.試験は全国で実施

「貿易実務検定®」は、全国主要都市で行われています。
東京・横浜・埼玉・千葉・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡・沖縄まで全国10の会場があります。
また、特定の企業・学校・教育施設等での団体受験も認められているため(団体の構成員の方々のみの受験です)この他全国各地で行われています。

今後の試験実施予定はこちら